学校法人立命館 RIMIX 公式サイト

総長PITCH CHALLENGE 2021「オーディション」最終審査結果・ファイナリスト発表

総長PITCH CHALLENGE 2021「オーディション」最終審査結果・ファイナリスト発表

RIMIX事務局です。

9月に募集を行っておりました、総長PITCH CHALLENGE 2021 「オーディション」の最終審査結果を発表いたします。

総長PITCH CHALLENGE 2021 オーディションにご応募頂いた皆様、誠にありがとうございました。

厳正な審査の結果、7チームがオーディションの審査を通過し、総長ピッチの「ファイナリスト」となりましたので、以下の通りお知らせいたします。

*下記選考基準や選考理由、審査に関するお問い合わせには対応いたしかねます。ご了承ください。

総長PITCH CHALLENGE 2021 ファイナリスト

環境に優しいタンパク質
「シロアリ食」を定着させ、食糧問題を解決する

代表:中川 元貴(立命館大学理工学部1回生)

ママの悩みに寄り添い
ベビーフードに頼りやすい環境をつくる

代表:柳 陽菜(立命館大学食マネジメント学部2回生)

 

誰もが教育にアクセスしやすい世界を目指す
オンライン家庭教師サービス

代表:楠井 貞仁(立命館大学情報理工学部2回生)

高校生の探究学習×地方自治体で
地方創生の新たなスタンダードを生み出す

代表:速水 瑠奈(立命館守山高等学校3年生)

サステナビリティへの関心をアクションに変える
地球環境問題解決のためのポイ活アプリ

代表:田畑 春樹(立命館アジア太平洋大学国際経営学部3回生)

昆虫食を日常食にし
人々と地球の健康をサポートする

代表:若林 快卓(立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部2回生)

地域とともに創る 人と人との繋がりを生かした
介護施設向けオンラインツアー

代表:堀 翔太(立命館大学文学部1回生)

*下記選考基準や選考理由、審査に関するお問い合わせには対応いたしかねます。ご了承ください。

審査について

今回の総長PITCH CHALLENGE 2021 オーディションでは、立命館大学の卒業生で、社会の第一線で活躍されている投資家の方に加え、Sony Startup Acceleration Programのアクセラレーター、RIMIX事務局メンバーが審査委員として審査を実施しました。

審査委員
野池 雅人 氏(プラスソーシャルインベストメント株式会社 代表取締役社長)
宮崎 雅 氏 (ソニーグループ株式会社 Sony Startup Acceleration Program アクセラレーター)
堂道 有香 氏(ソニーグループ株式会社 Sony Startup Acceleration Program アクセラレーター)
豊田 耕三 (学校法人立命館 財務部 部長)
ほか、起業・事業化推進室 RIMIX事務局スタッフ

審査項目
総長PITCH THE FINAL 2021と同じ基準にて審査を実施しました。審査委員ごとに以下の審査項目に従って採点を行い、総得点および応募チームのプランを総合的に判断し、通過チームを決定いたしました。

 

当事者意識・プランへの想い

Awareness as a Party and Thoughts on the Plan

当事者意識・プランへの想い

コンテストのための提案ではなく提案する事業を本気で自分がやっていく当事者意識があるか、事業を実現するためのプロセスを考慮したビジネスプランとなっているか

ビジョン

Vision for the Future

ビジョン

提案するプランの目標や方向性、将来的な展望を明確に描くことが出来ているか、2025年・2030年により良い社会を実現したいかが明確になっているか

着眼点・インパクト

Focusing Point and Impact

着眼点・インパクト

解決すべき社会課題に対してオリジナルの問題意識があり、新たな価値やインパクトを生み出すビジネスとなっているか

独創性・創造性

Originality and Creativity

独創性・創造性

柔軟で発想力豊かなビジネスプラン・社会課題への解決策になっているか

市場性・持続性

Marketability and Sustainability

市場性・持続性

市場ニーズや顧客像を的確に捉え、顧客がビジネスとして成り立つ市場規模として存在することが説明でき、現在だけでなく市場の将来性について検討を深めることが出来ているか

総長PITCH CHALLENGE とは

RIMIXでは、学園ビジョンR2030「挑戦をもっと自由に」を体現し、SDGsをはじめとする社会課題に対し、ビジネスを通じて解決する人材・社会起業家「Impact-Makers」の育成を目指しています。立命館学園から社会起業家を育てる機運醸成のため、「総長PITCH CHALLENGE」(総長ピッチチャレンジ)を実施します。

総長PITCH CHALLENGEは、 学校法人立命館に所属するすべての学生・生徒・児童を対象とし、オーディションを経て、ソニーグループ株式会社のSony Startup Acceleration Program(SSAP)の支援を受けながら、自分自身の興味関心から生まれたプランをビジネスレベルまでブラッシュアップし、 学校法人立命館の総長やスタートアップ分野の第一線で活躍する起業家・事業家へピッチ(ショートプレゼン)を行うコンテストまでの一連のプログラムです。

授業や課外活動を超えて、もっと取り組んでみたい、挑戦したいという想いを、起業という活動へと展開させていきます。

総長PITCH CHALLENGE 2021特設ページ

オーディションを勝ち抜いたチームは、総長ピッチのファイナリストとして「ブラッシュアップ」に参加し、最終成果発表となるピッチイベント「総長PITCH THE FINAL 2021」への出場権を獲得します。

「総長PITCH CHALLENGE ブラッシュアップ」は、SSAPのアクセラレーターによるマンツーマンのコーチングを受け、それぞれのビジネスプランをプロの目線から磨き上げます。総長PITCH THE FINALのコンテストへ向けた2か月間のアクセラレーションプログラムです。

プログラムスケジュールなど、「ブラッシュアップ」の詳細は特設ページをご覧ください。

総長PITCH CHALLENGE 2021 ブラッシュアップ

総長PITCH THE FINALは、 学校法人立命館に所属する学生・生徒・児童を対象とした、学校法人立命館の総長やスタートアップ分野の第一線で活躍する起業家・事業家へピッチを行うコンテストです。ピッチ入賞者には、オーダーメイド研修など各賞に応じた特典と、アクセラレーターの個別フォローアップを受けられます。

2021年度の総長PITCH THE FINALは12月11日(土)に開催予定です

 

これから2ヶ月間、オーディションを通過したファイナリストたちは、
ブラッシュアップを通じてビジネスプランに磨きをかけ、
総長PITCH THE FINALの舞台へと挑みます。

皆様の応援、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

学校法人立命館
起業・事業化推進室 RIMIX事務局

お問い合わせ

FOLLOW US