学校法人立命館 RIMIX 公式サイト

Message

ENGLISH page

総長メッセージ - 学校法人立命館 総長 仲谷善雄

立命館からインパクトを生み出す

これからの時代を見据えたときに、世界に目を向け、環境、貧困、紛争、教育、食糧など、自分と社会との関係を考えることは、学ぶとは何か、生きるとは何かという問いにつながります。国連が定めた17の持続可能な開発目標:SDGsの理念は、「世界と日本の平和的・民主的・持続的発展に貢献する」という立命館憲章の理念をまさに体現するものです。
RIMIXは、SDGsに代表される人類共通の課題を解決するために起業する人を支援するプラットフォームです。立命館で学ぶ学生・生徒・児童のみなさんには、内なる制約、Borderを超え、学齢を超えて、同じテーマに切磋琢磨し、多様性あるこのプラットフォームでイノベーションを生み出してほしいと思っています。起業も社会貢献の1つの手段だという認識を持って、解決のアイデアを提案する「総長ピッチ」に、ぜひチャレンジしてください。
RIMIXにより、社会課題に強い関心を持ち、ビジネスを通じて解決していく社会起業家「Impact- Makers」を育成し、立命館学園は、人類共通の課題解決に向け積極的に貢献する存在でありたいと考えています。

 

 

HISTORY OF GROWTH - RIMIXプログラム参加者の声

立命館アジア太平洋大学4回生

学生としてではない
本当に価値あるものを生み出すために

私は仲間と共に、フードロス削減を目的にした飲食店のテスト運営を行なっていました。アイディアから生まれたビジネスでしたが、総長ピッチに参加し改めて自分たちが向き合う課題や社会に生み出す価値について本気で考えることができました。さらに賞を頂いたことで次の行動に移す勇気になりました。

PROFILE

ISHIDA Sakura
フードロスを活用したレストラン「Trash Kitchen」をテーマに総長ピッチ2019でSony Startup Acceleration Program賞を受賞。その後、食を中心とした事業展開で食にまつわる社会問題を解決する「グランディッシュ合同会社」を設立し起業。

立命館大学経営学部4回生/立命館高校卒

漠然とした課題を1つの形にできた喜び
そしてそれが自信に

貧困問題や教育格差に対して、漠然とした課題感をずっと持ち続けていました。それらの問題解決に必要な、持続的な応援とお金が創出される仕組みを、一から学べました。この経験は、私にとって、社会課題と向き合って活動するための自信をくれました。

PROFILE

ICHISE Yuna
途上国の人材教育・就職のサポートを行う「cloudopp」をテーマに総長ピッチ2019でSony Startup Acceleration Program チャレンジ賞を受賞。社会的投資の仕組みを創り出すプラスソーシャルインベストメント(株)でインターン生として活躍。

立命館大学大学院理工学研究科

事業化によって
社会問題を解決する手法を身につけた

SSAPレクチャーを通して、事業化の為の知識を身につけることができ、社会問題を解決するビジネスをデザインできました。総長ピッチ後は、総長ピッチで発表したビジネスの事業化を目指して活動を継続し、同時にwithコロナ時代の社会課題を解決するビジネスについて検討をし始めました。

PROFILE

SUGIYAMA Kohei
生活充実度の向上を目指した聴覚障がい者向けスポーツ補助デバイスをテーマに総長ピッチ2019に発表し、総長賞を受賞。その後、「テクノロジーによる能力拡張を通し、人々の効能性が向上した社会の実現」を目指すHHARTの代表メンバーとして活動中。

立命館大学理工学部1回生/立命館宇治高校卒

高校生で社会と繋がる経験が
自分の世界を大きく広げた

SSAPのプログラムや総長ピッチを通してできた繋がりが、勉強や部活など「学校の学び」しかしていなかった自分にとって刺激になり、自分の視野がとても狭かったことに気づきました。総長ピッチが様々な挑戦をする大きなきっかけとなりました。

PROFILE

IMANAKA Yusuke
「高校生が初めの一歩を踏み出せる場を創る」高校生団体Teens関西 代表・創設メンバー。中高生が親や学校などの環境によって人生の選択肢が制限されてしまうことに課題意識を持ち、中高生同士の繋がりを広める事によって課題解決に挑戦している。

立命館大学卒業生/校友

初めてのピッチがこれからの自分の
生きる道に繋がった

これまではバックオフィスのみを経験してきた私。アントレプレナー教育の中でいきなりピッチを行ったことをきっかけに、これまで得た知識をいかに表現するのか、社会が求める形で提供できるのかの重要性を知ることができました。

PROFILE

TOMISU Hayato
2017年、設立メンバーとして日本初の学生主体のSDGs体験イベント「Sustainable Week」を立ち上げ。その経験をもとに一般社団法人SDGs Impact Laboratoryの設立に参画し、理事を務める。現在は滋賀県内のアクアティクス企業で活躍中。

立命館大学映像学部2回生

娯楽としてだけではない
エンタメの可能性を見出す、社会へ

エンタテインメントとは、人が楽しむための娯楽として存在しているものであると思っていました。しかし、総長ピッチを通して様々なことを学んだことをきっかけにエンタメというものがもっと社会へ価値提供できることを知りました。

PROFILE

TADA Keigo
「多種多様な人々が「感動」を共有することで尊重しあい繋がる」をコンセプトに、映像を使ったエンタテイメントを追求する学生団体Entervibeで代表を務める。楽団×映像、アート×テクノロジーなど、エンタテイメントの可能性を追求している。

FOLLOW US

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets