学校法人立命館 RIMIX 公式サイト

RSIFなど金融機関21社、環境・社会課題解決を目指す「インパクト志向金融宣言」に署名

RSIFなど金融機関21社、環境・社会課題解決を目指す「インパクト志向金融宣言」に署名

11月29日、RSIF(立命館ソーシャルインパクトファンド)は、環境・社会課題解決を目指すイニシアティブである「インパクト志向金融宣言」に金融機関21社と共同で署名いたしました。

本宣言は、投融資を通じて社会課題の解決を目指す「インパクト金融」の推進を共同で宣言したもので、今後各署名機関と連携し、インパクト志向金融の取り組みやインパクトの測定・マネジメントを一層強化し、社会の持続可能性へ貢献してまいります。

詳細については、以下のプレスリリースをご覧ください。

プレスリリース

RSIF(立命館ソーシャルインパクトファンド)の詳細は以下をご覧ください。

立命館ソーシャルインパクトファンド


以下、本件プレスリリースの概略です。

金融機関21社、環境・社会課題解決を目指す「インパクト志向金融宣言」に署名

宣言においては、民間金融機関が組織の目的として、投融資先の生み出す環境・社会へのインパクトをとらえて環境・社会課題を解決するという考え方(インパクト志向)を持つことを前提に、創出されるインパクトを測定・マネジメントを実施したうえでの投融資判断を推進するために、署名機関が互いに連携して活動していきます。

環境・社会課題が山積する現在、政府・自治体・国際機関による公的資金への依存は限界に達しつつあり、課題解決には民間の投融資資金を適切に活用することが不可欠です。このような状況のもとで、署名機関は、様々な課題解決に向けて金融が本来持っている潜在力を最大限に発揮するために、金融機関がその存在意義として明確なインパクト志向をもつことと、個々の投融資活動においてインパクトの可視化とその最大化に向けたマネジメントが重要であると考えました。一方、日本におけるこれらの取り組みはまだ始まったばかりであり、より大きな活動として成果を生み出すためには、まずはインパクト志向をもつ金融機関がその取り組みや課題を共有したうえで、この活動の水準を質量ともに引き上げていくことが大事であり、並行して、海外での先進的な取り組みや主な国際的な団体・イニシアティブとも連携し、かつ日本からも対外発信していく必要があると考えています。

署名機関21社は、各機関においてインパクト志向の投融資およびインパクト測定・マネジメント(IMM)を実施するだけでなく、署名機関が定期的に集まり、ベストプラクティスや推進上の課題を共有しながら議論を行い、日本の金融業界がインパクト志向の投融資を自律的・持続的に発展させることができるよう努める方針です。

「インパクト志向金融宣言」ホームページ:https://impact-driven-finance-initiative.com/

<署名機関一覧> (五十音順)
アセットマネジメントOne株式会社(東京都千代田区)  取締役社長 菅野 暁
ANRI株式会社(東京都渋谷区) 代表取締役 佐俣 アンリ
株式会社環境エネルギー投資(東京都品川区) 代表取締役社長 河村 修一郎
株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズ(東京都港区) 代表取締役 青木 武士
京都信用金庫(京都府京都市) 理事長 榊田 隆之
グローバル・ブレイン株式会社(東京都渋谷区) 代表取締役社長 百合本 安彦
株式会社静岡銀行(静岡県静岡市) 取締役頭取 柴田 久
株式会社新生銀行(東京都中央区) 代表取締役社長 工藤 英之
第一勧業信用組合(東京都新宿区) 理事長 野村 勉
第一生命保険株式会社(東京都千代田区) 代表取締役社長   稲垣 精二
但馬信用金庫(兵庫県豊岡市) 理事長 森垣 裕孝
日本ベンチャーキャピタル株式会社(東京都千代田区) 代表取締役社長 多賀谷 実
Beyond Next Ventures 株式会社(東京都中央区 ) 代表取締役社長 伊藤 毅
フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(京都府京都市) 代表取締役社長   松本 直人
プラスソーシャルインベストメント株式会社 (京都府京都市)   代表取締役社長    野池 雅人
三井住友トラスト・ホールディングス株式会社(東京都千代田区)   取締役執行役社長   高倉 透
株式会社三菱UFJ銀行(東京都千代田区)   取締役頭取執行役員 半沢 淳一
三菱UFJ信託銀行株式会社(東京都千代田区)  取締役社長 長島 巌
リアルテックホールディングス株式会社(東京都墨田区)  ​代表取締役 永田 暁彦
株式会社りそなホールディングス(東京都江東区) 取締役兼代表執行役社長 南昌宏
立命館ソーシャルインパクトファンド投資事業有限責任組合(京都府京都市)  野池 雅人

<賛同機関一覧> (五十音順)
国内
・独立行政法人国際協力機構 理事長 北岡 伸一
・一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 代表理事 今田 克司
・一般財団法人社会変革推進財団 理事長 大野 修一
・GSG国内諮問委員会 委員長 小宮山 宏
・株式会社日本取引所グループ 取締役 兼 代表執行役グループCEO 清田 瞭

海外
・Global Impact Investing Network CEO Amit Bouri
・Global Steering Group for Impact Investing CEO Cliff Prior


<コメント>

プラスソーシャルインベストメント株式会社 代表取締役社長 / 立命館ソーシャルインパクトファンド投資事業有限責任組合 野池 雅人
当社はソーシャルイノベーションを誘発する資金の流れを創り出し、持続可能でしなやかな地域社会の形成に寄与することを目的に、2016年に京都で創業をしました。当社が運営をする社会的投資プラットフォーム「エントライ」では、地域住民・地元企業・金融機関等が社会的投資を通じて、地域になくてはならない事業を応援、投資を通じて参画できる仕組みを提供しています。また2020年からは学校法人立命館と連携をし、総額15億円規模の立命館ソーシャルインパクトファンドの設立・運営も行っています。これからも地域社会におけるインパクト創出、そのために必要な資金調達の仕組みづくりに挑戦してまいります。

インパクト志向金融宣言文:https://impact-driven-finance-initiative.com/

FOLLOW US