学校法人立命館 RIMIX 公式サイト

総長PITCH CHALLENGE 2020「オーディション」最終審査結果のお知らせ

総長PITCH CHALLENGE 2020「オーディション」最終審査結果のお知らせ

RIMIX事務局です。

9月に募集を行っておりました、総長PITCH CHALLENGE 2020 「オーディション」の最終審査結果を発表いたします。

総長PITCH CHALLENGE 2020 オーディションにご応募頂いた皆様、誠にありがとうございました。

厳正な審査の結果、6チームがオーディションの審査を通過いたしましたので、以下の通りお知らせいたします。

総長PITCH CHALLENGE 2020オーディション通過チーム

「お祈りメールを推薦に」ABABA/立命館大学

最終面接に落ちた学生を企業間で推薦しあい
同時に採用もできるプラットフォーム

代表:平賀智佳(立命館大学経済学部4回生)

「COQUEST(クックエスト)」FOOD BASE JAPAN/立命館大学

「もっとおいしく」を探求したい人のための料理相談サービス

代表:麻生桜子(立命館大学食マネジメント学部3回生)

 

「全ての人が着られる下着」KAKITSUBATA/立命館アジア太平洋大学(APU)

下着を通して性別が多肢であることが
あたりまえの世界を実現する

代表:安藤晶美(立命館アジア太平洋大学国際経営学部3回生)

「konoki-木の幹からつくるお茶-」konoki/立命館アジア太平洋大学(APU)

木を「飲む」という新しい形で
森林や木に興味を持つキッカケを創る

代表:内山 浩輝(立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部4回生)

「TOTB(トーブ)」P.S/立命館守山高等学校

飲食店における除去食・代用食のレベル分けの提案

代表:速水瑠奈(立命館守山高等学校2年)

「物語珈琲-Pay It Forwardを通して思いやりの循環する社会を創る」ものがたり喫茶/立命館アジア太平洋大学(APU)

人から人へ感謝の物語を紡ぐ
珈琲とお手紙のセット

代表:三浦宗民(立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部2回生)

※審査に関するご質問にはお答えできません。予めご了承下さい。

審査について

今回の総長PITCH CHALLENGE 2020 オーディションでは、立命館大学・立命館アジア太平洋大学(APU)の卒業生で、社会の第一線で活躍されている起業家・事業家・投資家の方に加え、Sony Startup Acceleration Programのアクセラレーター、RIMIX事務局メンバーが審査委員として審査を実施しました。

審査委員
野池 雅人 氏(プラスソーシャルインベストメント株式会社 代表取締役社長/立命館大学卒)
番匠 麻樹 氏(株式会社Girls, be Ambitious 代表取締役/立命館アジア太平洋大学卒)
宮崎 雅 氏 (ソニー(株)StartupAcceleration部 IdeationServiceTeam 統括課長/立命館大学卒)
豊田 耕三 氏 (学校法人立命館 財務部 部長/RIMIX事務局)
ほか、事務局スタッフ

審査項目
総長PITCH THE FINAL 2020と同じ基準にて審査を実施しました。審査委員ごとに以下の審査項目に従って採点を行い、総得点および応募チームのプランを総合的に判断し、通過チームを決定いたしました。

当事者意識・プランへの想い

Awareness as a Party and Thoughts on the Plan

当事者意識・プランへの想い

コンテストのための提案ではなく提案する事業を本気で自分がやっていく当事者意識があるか、事業を実現するためのプロセスを考慮したビジネスプランとなっているか

ビジョン

Vision for the Future

ビジョン

提案するプランの目標や方向性、将来的な展望を明確に描くことが出来ているか、2025年・2030年により良い社会を実現したいかが明確になっているか

着眼点・インパクト

Focusing Point and Impact

着眼点・インパクト

解決すべき社会課題に対してオリジナルの問題意識があり、新たな価値やインパクトを生み出すビジネスとなっているか

独創性・創造性

Originality and Creativity

独創性・創造性

柔軟で発想力豊かなビジネスプラン・社会課題への解決策になっているか

市場性・持続性

Marketability and Sustainability

着眼点・インパクト

市場ニーズを的確に捉え、ビジネスとして成り立つ市場規模や市場の将来性について検討を深めることが出来ているか

オーディション敗者復活戦について

今回の総長PITCH CHALLENGE オーディションでは、オーディション審査により6チームを採択いたしました。

また、今回のオーディション審査に落選したチームのうち、希望するチームはBeyond COVID-19サイトにてプランを公表し、一般投票を実施します。オーディション投票上位1チームは、11月より「ブラッシュアップ」に参加し、総長PITCH THE FINAL 2020への参加権が与えられます。

敗者復活戦 特設ページ

期 間
2020年10月7日(水)〜10月21日(水)

投票について
投票は、Beyond COVID-19サイト内の特設ページより行うことができます。
各チームのピッチ動画をご覧いただき、ページ下部の「投票」エリアから投票をお願いいたします。

投票は1人1回、各チームのプランをご覧いただいて、最も優れているプランであると考えた3チームを選び、投票をお願いいたします。

投票いただいた中で、最も得票数の多かった1チームに、総長PITCH THE FINAL 2020への出場権が与えられます。

注意事項
・投票は1人1回でお願いいたします。なお、1人から複数の投票があると判断した場合は、最初に投票いただいた1回を除く投票を削除させていただきます。予めご了承ください。
・ピッチ動画は今回のオーディションのために限定にて公開しております。URLの共有や転載はお控えください。

総長PITCH CHALLENGE 2020について

総長ピッチは、 立命館学園に所属する学生・生徒・児童を対象とし、ソニー株式会社のSony Startup Acceleration Program(SSAP)の支援を受けながら、社会課題に挑戦するビジネスプランをブラッシュアップし、 学校法人立命館の総長やスタートアップ分野の第一線で活躍する起業家・事業家へピッチを行うコンテストです。

オーディションに通過した6チームと敗者復活戦で選ばれた1チームには、10−11月に開催される総長PITCH CHALLENGE 2020「ブラッシュアップ」プログラムへの参加権と、最終成果発表となるピッチコンテスト「総長PITCH THE FINAL 2020」への出場権が与えられます。

「ブラッシュアップ」プログラムは、Sony Startup Acceleration Program アクセラレーターによるマンツーマンのコーチングを受け、それぞれのビジネスプランを磨き上げます。全4回のコーチングプログラムで、総長PITCH THE FINAL 2020に向け、本格的な支援を行います。

2020年度の総長PITCH THE FINALは12月19日(土)にオンラインにて開催予定です

ピッチ入賞者には、各賞に応じた特典と、アクセラレーターの個別フォローアップを受けられます。

総長PITCH THE FINAL 2020 特設ページ

総長ピッチ2020プログラム案内

 

いよいよ、総長PITCH CHALLENGE 2020もクライマックス!
最終成果発表となるピッチコンテスト・総長PITCH THE FINALは
12月19日にオンラインにて開催します!

お問い合わせ

学校法人立命館 総合企画部 総合企画課
立命館SDGs推進本部 RIMIX事務局

お問い合わせ

FOLLOW US